納得のいく家族葬を執り行うために

近年では従来のようにお葬式をあげるのではなく、肉親や親族などの限られた人のみが会葬するかたちのコンパクトな家族葬が好まれる傾向にあります。家族葬のいいところとしては会葬者の数が少数に限定されるので規模の大きな葬儀場を手配せずに済み、あまり広くはない自宅であってもお葬式を執り行える点を挙げることができます。また、このようなコンパクトなお葬式は会葬者がすべて気心の知れた人たちのみなので、一般的なお葬式のように弔問客や会葬者に対して応対をするなどの気を遣わずに済み、ゆっくりと故人を偲べるというところもメリットです。ただし、いくら小規模のお葬式であったとしても、葬儀には最低限の押さえておきたいしきたりというものがあります。納得のいくお葬式を執り行うには不謹慎な話かもしれませんが、ある程度の部分に関しては生前にプランを立てておくことも大事です。

お葬式の規模を決めておくことが大事

亡くなられた人を弔う場として古くからお葬式は営まれてきましたが、そのしきたりや式の進め方に関しては故人の進行してきた宗教や宗派ごとに細かな点で違いがあります。そのため、実際にお葬式を執り行う立場に立ったときに慌てずに済むように、自分の家はどのような宗教であるか、さらには、宗派は何かという点について知っておく必要があります。また、これは大変縁起でもない話なのですが、親御さんがまだ元気なうちに将来どのようなお葬式をしてもらいたいかについて機会をもうけて話し合いをしておくほうがいいでしょう。お葬式というものはあくまでも故人を見送るための儀式なので、本人の希望に関しては可能な限りそれに応えるべきだからです。あまり大きなお葬式を希望しないという場合には家族葬が選択肢のひとつに入ることになります。

お葬式の後に後悔しないためには

大切な家族の一員が亡くなられた後、悲しい気持ちを引きずりながら遺族はお葬式の手配や準備をしなくてはなりませんが、実際にその立場になると誰もが戸惑うはずです。お葬式の手配や準備に手慣れた人というものはそれほどいないからです。そのため、後悔しないお葬式をするための第一歩として葬儀業者選びがあります。現在では葬儀業者の数も増え街中でも目に付くようになっていますが、日常の買い物に立ち寄るお店と違いこのような業者とのお付き合いがある人はほとんどいません。つまり、葬儀業者選びは案外大変なことなのです。実際に葬儀を依頼する場合、まずは見積もりを出してもらいお葬式にかかる費用面に関して親切に説明してもらうようにしましょう。業者の中には利益優先で必要以上に規模の大きなお葬式を勧めてくるところもあるので、業者を選ぶときにはこちらの意見や要望に応えてくれる提案をしてくれるところを選ぶようにしましょう。