気になる家族葬にかかる費用とは

葬儀を執り行うには様々な費用が必要となります。家族葬の場合にも一般葬同様にかかることになりますが、規模的には小さな葬儀となるために、総額的には出費を抑えることが可能となります。費用は葬儀社によって異なるものの、多くはニーズに合わせてコースを設けており、希望する内容のみに費用をかけることもできるようになっています。ただ、一般葬同様に依頼をするには事前に見積りを取る必要があり、できれば複数社を比較した上で検討することがベストな方法となります。比較検討では、どのような内容が含まれているのかよく確認をすることが大切なことになります。葬儀は、準備に十分な時間が取れないことも多く、葬儀社に任せっきりにしてしまうと、後々トラブルの原因になることも多く、ここでは、十分な注意が必要になります。

家族葬にかかる費用にはどのような内容があるのか

葬儀においては、通常、儀式にかかる費用、寺院に関する費用、接待飲食費のかかる費用の3つがあります。家族葬の場合には、儀式にかかる費用と接待飲食費にかかる費用が小さいために、その分、総合計も小さくなります。つまり、ここでの費用が大きく関係をすることになります。内容としては、料理、返礼品、骨壺、花祭壇、棺、故人へのメイクや湯かんがあり、多くの葬儀社では基本プランとして設けています。それぞれのグレードを上げることで料金に反映することになり、コースによってはオプションとして様々な内容を設けている葬儀社もあります。傾向としては、少人数で行われることもあり、その分、飲食や花などに費用をかけることが多く、エンディングプランナーと打合せをすることで希望に沿った心のこもった葬儀を執り行うことができます。

実際の費用はどのくらいかかることになるのか

実際に必要となる費用は、葬儀社や参列者数によっても大きく異なります。相場としては40万円~100万円程度となっており、内容には、寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、安置料金、棺、仏衣一式、棺用布団、役所手続き代行、葬儀場利用料、祭壇、遺影写真、受付セット、司会・運営スタッフ、式中初七日、白木位牌、火葬料金、骨壺・骨箱、自宅飾り一式、会葬礼状が含まれています。1例としては、493,000円や、15名まで398,000円、50名まで498,000円、80名まで598,000円、10~20名まで398,000または418,000円、30名まで438,000円など様々であり、寝台車の距離やドライアイス・安置日数など項目によっては定められた範囲までのサービスとなります。注意が必要なのは通夜式などの飲食代があり、概ね、2,000円~6,000円程度が相場となるものの、参列者数によって異なり、葬儀見積りで提示される内容には含まれていないことを理解しておく必要があります。