家族葬を行うメリットについて説明します

家族葬とは一般弔問客の儀礼的な弔問を受け付けずに、故人の家族や親しい友人だけで執り行うお葬式のことです。故人の家族や親友以外の人が葬儀に参列することがないため、少人数で執り行われます。一般葬のように故人とさほど親しくなかったような人は葬儀に参列しません。このため、収容定員が10名~30名程度の小さな会場で葬儀が執り行われます。近年、故人の家族だけが参列する小規模のお葬式が執り行われるケースが増えています。都市部において、家族や近親者だけで執り行われる少人数の葬儀は一般葬を上回るほど人気を集めています。家族葬は密葬のように近親者だけで葬儀を行った後に告別式を開いて、一般弔問客を受け入れることはありません。故人の家族や一部の友人以外の人は葬儀に参列したり、弔問に訪れたりすることができません。

故人の家族の葬儀を執り行う際の精神的な負担が軽減されます

一般弔問客の訪問を受け入れる一般葬は、普通の人でも多くの弔問客が訪れます。一般葬では遺族や故人と親しかった人以外にも、故人とあまり親しくなかったような人も弔問に訪れます。このため、遺族は弔問客への対応に追われてしまい、故人と別れをする時間が取れなくなってしまう場合があります。家族葬では故人と親しかった一部の人だけが葬儀に参列することができます。故人の近親者など家族だけで執り行うお葬式は、遺族が弔問客の対応に追われることがありません。このため、遺族は故人との最後の時をゆっくり過ごすことができます。葬儀を執り行う側は一般弔問客に対する「香典返し」や「通夜振る舞い」をする必要がないため、一般弔問客に対して気を遣う必要がありません。一般葬よりも葬儀に参列する人数が少ないため、葬儀を執り行う遺族の精神的な負担が軽減されます。

葬儀の費用を低く抑えることができて会場の選択肢が広がります

家族葬は故人の家族や親しかった一部の友人だけが葬儀に出席するため、小規模で葬儀が執り行われます。葬儀の規模が小さい場合は小規模な斎場が利用できるため、会場を借りるための費用が安上がりです。一般弔問客に対して食事やお酒を振る舞う必要がないため、トータルで支払う葬儀費用を低く抑えることができます。少人数で葬儀を執り行う場合は、葬儀場の立地や利用する施設の種類の点で選択肢の幅が広がります。規模の大きい一般葬では収容定員が多い大きな会場を借りる必要があります。これに対して出席者が少なくて葬儀の規模が小さければ、収容定員が多い式場も含めてより多くの葬儀場から選ぶことができます。葬儀を行う会場の選択肢が増えるため、葬儀の日程を調整しやすくなるというメリットもあります。