家族葬を考えている人に役立つ情報

葬儀と聞くと、以前までは斎場や葬儀場などを貸し切って行われるものでした。親族だけでなく近所の人や友人、職場の関係者など、故人が生前にお世話になった多くに人に声を掛けて弔問に来てもらうスタイルが一般的な葬儀といえるでしょう。しかし近年の葬儀で増えてきているスタイルが家族葬です。これは儀礼的な葬儀を行うのではなく、家族やごく親しい人のみで、故人と最後のお別れをする小規模な葬儀のことを指します。家族やごく親しい人のみで葬儀を行うことで、葬儀を行う旨を多くの人に知らせる必要もなく、慌ただしく葬儀の準備を行う必要もありません。また、家族だけで葬儀をしてほしいと、生前から葬儀の希望を家族に伝えておくケースも増えています。このように家族だけでお別れする家族葬にはどのようなメリットがあり、どのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

家族でお別れすることには多くのメリットがあります

多くの人が弔問に訪れる一般的な葬儀では、故人と社会的な関係者のお別れが優先されています。一般的な葬儀は、とにかく堅苦しい雰囲気になりがちです。親族も親しかった人たちと悲しみを共有したいという思いがありますが、それもしにくい状態であると言えます。しかし家族で葬儀をする場合には、アットホームな雰囲気でお別れをすることができます。一般的な葬儀の場合には、義理で参列するという人もいるでしょう、家族で行われる葬儀であれば、本当に悲しんでいる人と最後の時を過ごすことができます。そして葬儀を盛大なものにしようとすると、どうしても費用が高額になるでしょう。弔問客が多ければおおいほど、香典返しや通夜振る舞いなどの食事の用意も必要になります。しかし家族での葬儀であれば、葬儀にそれほどお金をかけることなく、葬儀をすることができます。

家族で葬儀を行う際の注意点とは

アットホームな雰囲気の中、ゆっくりと故人とお別れができ、費用も抑えることができるのが家族葬です。しかし行う際には様々な注意点が必要です。家族で葬儀を行う場合には、故人が生前にお世話になった人に直接挨拶をしたり、お礼をすることができません。葬儀を済ませた後に報告をした場合、後日自宅に弔問に訪れたいという人もいるので、対応におわれることになるでしょう。そして昔からの慣習を重んじるような地方に住んでいる場合や、高齢の親族がいる場合には、昔ながらの葬儀をイメージしている人もいるでしょう。そのような場合に、家族葬をすることに抵抗がある場合もあります。後でもめたりとトラブルにならないように、生前から家族で葬儀することを希望しているのであれば、事前に伝えておきましょう。未然にトラブルを避けることができます。